独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレセンカンファレンス

今日、日本体育大学健志台キャンパスにて、トレセンカンファレンスと題して、北京オリンピックに出場した本学卒業生2名が、オリンピックの話をいろいろしていただく会が開催されました。

一人目は、堀籠佳宏(ほりごめよしひろ)さん(平成15年大学院前期課程修了)
陸上競技男子短距離4×400mリレー
1981年宮城県生まれ。泉館山高校-日体大-日体大専攻科-日体大大学院-富士通所属。
06スーパー陸上400m優勝。
06、07年全日本実業団400m優勝。
05、07年世界選手権大阪大会4×400mリレー日本代表。
170cm。63㎏。27歳。

二人目は松本慎吾さん(平成19年大学院前期課程修了)
レスリンググレコローマン84kg級
1978年愛媛県生まれ。津島高校-日体大-日体大大学院-一宮運輸所属。
04年アテネ五輪7位。
08年アジア選手権優勝。
全日本選手権は現在9連覇中。
174cm。30歳

詳しくは↓
http://www.nittai.ac.jp/olympic/entrant.html

堀籠さんは、強い選手は、「年間通して心身ともにもてる実力をきちんと発揮できる人です」と言われてました。1年間で、良い時悪いときがはっきりあるようでは強い選手にはなれないといわれてました。すなわち心身状態を常によい状態にキープ出来るように、日常生活から取り組みを考える必要があるわけでした。

松本さんは、勝つためには「強い精神力が大切です」と言われてました。丸本さんは、大会の開会式に参加したときや選手村等を自身のビデオカメラで撮影されたものを披露していただき、選手村や開会式を中から覗けた感じがしてとてもリアルに感じられた映像でした。特に開会式のシーンは華やかな場面が記憶に新しいと思われますが、まさにその映像を選手の目から(フィールドから)見た映像として見ることができました。

最後に、会場から堀籠さんへの質問で、「どうやったら速く走れますか?」の問いに、その答えは、「一緒に走る人の誰よりも先に早くゴールすればいいよ!」って答えでした。真面目な答えでは、人の体は骨格、筋肉等々それぞれ違うので、具体的なこうやると速く走れる!っていう走り方はないそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sanatcc123.blog92.fc2.com/tb.php/12-3b135c93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。