独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すばらしいです

ここ数日間以上、ずっとテレビ等で話題になっているところ↓

DSC0246822222.jpg

ここの国際会議場で先日、”早稲田大学スポーツ科学研究科シンポジウム 2011”が開催されました。

ちょうど1年前、桑田真澄選手がスポーツマネージメントコース(修士課程1年制コース)で最優秀論文賞を受賞し、テレビ等でかなに話題になったまさにその式です。


そして今年の最優秀賞は誰だろう?と関心持ちなが行ってきました!


今年は、プロゴルファーのコーチを専門にお仕事されている井上透さんという方でした。

タイトルは、「韓国におけるプロゴルファーの強化・育成に関する研究」です。
現在、韓国プロゴルファーの世界での活躍はテレビ等々で十分認知されていますが、日本プロゴルファーの将来に危機感を覚えた井上さんは、日韓のプロゴルファー強化と育成の違いについて検証されていました。

プレゼンを聞いてびっくりです。

韓国の選手の小学生からの練習量の多さ(練習日数、練習時間、練習球、ラウンド数は日本人の3倍?それ以上?)、そしてその時期からプロゴルファーの指導を仰いでいる点、さらに国を挙げての強化への取り組み等々、けっして日本と比べゴルフの練習場やプレー出来る環境は良いものではありませんが、強化育成に取り組む姿勢はまさに超英才教育、そしてある意味スパルタ教育?らしきものを感じ取ることができました。


国内プロ選手への調査、韓国での現地調査等々、調査内容は素晴らしいものでした。

そして1年間で(準備から実際の調査、解析、そして修論を書き上げるまで)よく出来るものだな~~~って感心するばかりでしたm(__)m



その他、修士課程2年制、博士後期課程の優秀、最優秀論文賞等々の授賞式、プレゼンが行われましたが、どれも見てひたすら感心するばかり。。。

DSC02480333333.jpg


最後のプレゼンは、スポーツマネージメントコース(修士課程1年制コース)一期生、次原悦子さんによる講演でした。

修論タイトルは、”スポーツ選手マネジメントとビジネスの変遷に関する研究 -中田英寿のケーススタディ-”でした。

当時のことを振り返りながら、現在も専属マネジメントしている中田英寿さんのことについてお話しいただけました。彼が19歳の時からマネジメント担当していたそうです。



1日、たくさんの刺激をもらってきました(^_^;
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sanatcc123.blog92.fc2.com/tb.php/266-38c8c9d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。